COLUMN

美容師セミナーで売上アップ・高単価を狙い、「単価上がらない……」を解決

美容師セミナーでは経営や戦略についての知識を学ぶ機会も多いです。
ですが、なかなか売上アップに繋がらない、高単価にならないのが実情ではないでしょうか。
つまり、大多数の美容師は常に「単価上がらないなあ……」というような悩みを抱えているわけです。

そんな悩みに、STEP BONE CUTが一石を投じます。


技術だけでも営業知識だけでも駄目で両方を兼ね備えていなければならない

美容師セミナーで、自分に足りない技術を習得する、あるいは、自分の得意な技術に磨きをかける。
ショートのヘアスタイルを作るのが苦手だったらそれを得意と言えるようになるまで練習する。
ミディアムのヘアスタイルを作るのが得意だったらそれを誰にも負けないと言える域にまで高める。
そういった努力は売上アップに繋がっていきます。

また、カット技術などを学ぶ技術系のセミナーではなく経営知識を学ぶ経営系のセミナーで営業戦略についての知識を増やすことも、売上アップに繋がる一歩だと言えます。

今時の美容師は技術だけでも営業知識だけでも駄目で、両方を兼ね備えていなければなりません。
なぜなら、オーバーストアと表現されることがあるほどに、ヘアサロンの数が多いからです。

ヘアサロンの数がどんなに増えても、お客様の数は比例しません。
根本的に人口が減っていますし、1,000円カットと呼ばれる低価格帯の店にお客様が流れています。
しかも、今は新型コロナウイルスの影響を受け、ヘアサロンに足を運ぶ人が格段に減りました。
通勤ルートのヘアサロンに通っていたお客様がテレワークをきっかけに近所のヘアサロンを選ぶようになって都心部のヘアサロンの客足が減ったと言われています。
だからといって、店舗をほいほいと引っ越すわけにはいきません。

ただでさえ、有限のお客様を数多いヘアサロンで奪い合うような時代だというのに、新型コロナウイルスの出現によって技術だけでも営業知識だけでも駄目どころか、その両方を兼ね備えていても厳しいのが美容師ひいてはヘアサロン業界の現実だということです。


客単価を上げようにもコロナ禍の今は下がってしまっているのが現状

ビフォアコロナの時点でオーバーストア状態におちいっていたヘアサロン業界は、売上アップを目指してもなかなかアップしないという問題を抱えていました。
さらに、今、まさに今、単価が下がっているという問題も勃発しています。

この場合の単価とは、言わずもがな、客単価のことです。
「以前ならトリートメントを頼んでいたけれど節約しよう」という風に、お客様ひとりあたりが一度の来店で使う金額が減っています。
これもまた、新型コロナウイルスの影響です。
いつまで日常に新型コロナウイルスが居座っているのか誰にもわからない現在、先行きの不透明さがお金を使うことをためらわせています。

そもそも、「単価上がらない……」と悩む美容師が多いくらいには、客単価を上げることは容易ではありませんでした。
高単価メニューを選ぶお客様ばかりではありませんから、容易なはずがないのです。
そこへきてこのコロナ禍で、客単価は下がってしまっています。

美容師セミナーで得た知識・知恵を総動員しても、売上アップも高単価も見込めない。
だったら、また別の策を練る必要があるはずです。


STEP BONE CUTを導入することで売上アップと高単価の両方が叶う

STEP BONE CUTのセミナーは、STEP BONE CUTという特許を取得したカット技術の入り口となるセミナーでありつつ、経営セミナーとしての一面も持っているという、他のセミナーと似ているようで独自路線を走るセミナーです。

経営セミナーとしての一面を持っているということは、経営に関する話も出てくる?
どうすれば売上アップするのか、高単価になるのかを話す?

イエスと言えばイエスですし、ノーと言えばノーです。
STEP BONE CUT・体感セミナーの講師である牛尾早百合は、STEP BONE CUTの考案創始者です。
現役の美容師であり、現役の経営者でもあります。
美容師目線と経営者目線と両方の目線でお話しすることになります。

もっと言うと、STEP BONE CUTそのものが売上アップと高単価に繋がる鍵です。

特許技術であるSTEP BONE CUTはクオリティが下がることがないように認定証を発行してクオリティの維持に努めています。
よって、STEP BONE CUTのメニューは一般的なメニューよりも高単価です。
いくら以上、と、一定金額以上を提示することになります。

STEP BONE CUTは、自然と小顔に見えるように仕上がり、くせ毛やうねりが落ち着く等の特徴を持っています。
それらの特徴はSTEP BONE CUTの強みであり、メリットでもあり、お客様に気に入っていただけるアピールポイントでもあります。

STEP BONE CUTを導入することで、売上アップと高単価の両方が叶い、「単価上がらないなあ……」という嘆き声にストップをかけられるというわけです。


まとめ

コロナ禍の今、本気で売上アップや高単価を狙うなら改革が必要

一般的な美容師セミナーで技術を磨き、知識を学び、少しずつ売上アップしていって、高単価を増やしていく。
それもありでしょう。
地道さは遠回りではなく近道になることもあります。

しかし、コロナ禍の今、その地道さは逆風の中を歩くようなものではないでしょうか。
本気で売上アップや高単価を狙うなら、改革が必要ではないでしょうか。
例えば、高単価メニューの提示が叶うSTEP BONE CUTの導入です。

新しいことを始めるのはとてもエネルギーが必要ですよね。
STEP BONE CUTがどんなカット技術なのか、まずは“体感”してみてください。
STEP BONE CUT・体感セミナーの日程詳細とお申し込みはこちらです。