COLUMN

美容師セミナーの中でも効率的で最先端で特許を取得していると言えば?

美容師セミナーには種類があります。
技術セミナー、経営セミナー、企業主催セミナー等の種類です。
それと、効率的な美容師セミナー、最先端の美容師セミナーといった傾向別に分けられます。
例えば、拘束時間が長い割に得られる物が少なかったら効率が悪いですよね。
特許を取得しているカット技術・STEP BONE CUTのセミナーは効率的かつ最先端です。


オンライン形式の美容師セミナーは効率的かつ感染症対策になる

どんな美容師セミナーに参加するのも美容師の自由です。
ですが、時間は有限。
効率の良さを重視したいのであれば、効率的な美容師セミナーに参加するべきです。

では、どんな美容師セミナーが効率的な美容師セミナーなのか?
何といっても、オンライン形式が圧倒的に効率的です。

というのも、リアルにはリアルの良さがあるとはいえ、美容師セミナーに参加するために地方から上京するというような長距離移動を伴うと、移動時間だけでかなり拘束されます。
交通費だって馬鹿になりません。
美容師セミナーの参加費用は基本的に自腹ですから、セミナー会場が遠ければ遠いほど拘束時間が長くなる上に出費がかさみます。
その点、オンライン形式であれば、交通費はかかりません。
移動時間も必要ありませんから、そのぶん、拘束時間が短くなります。
通信費は多少かかるものの、新幹線や飛行機のチケットより高くつくということはまずありえません。

移動時間を要しないオンライン形式の美容師セミナーは、費やさずに済んだ移動時間を他のことにあてることもできますから、とても効率的です。
コロナ禍の真っ只中の今、公共交通機関を使って移動せずに済むのは、感染症対策にもなるというメリットまであります。


Zoomを使用するオンライン形式の美容師セミナーがあたりまえの時代

オンライン形式の美容師セミナー、すなわち、Zoomなどを使用する美容師セミナーは最先端の美容師セミナーだと言えます。
リモートやテレワークといった環境は新型コロナウイルスのせいでそうせざるをえなかったといえば確かにそうなのですが、しかし、「わざわざ足を運ばずに済む」のは大きなメリットです。
一般企業でも、テレビ会議・ビデオ会議と呼ばれるような、実際に足を運ぶのではなく映像を繋いで行われる会議がコロナ以前から導入されつつありました。

つまり、リアルにはリアルの良さがあるが、それはそれとして、オンラインでできることはオンラインで完結させるという最先端さにもメリットはある、ということです。

新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた当初、美容師セミナーはばたばたと延期されました。
中止になった美容師セミナーも少なくありません。
美容師セミナーの開催側ではZoomのような最先端技術を取り入れているところが少なく、対応できなかったからです。
今ではオンラインセミナーもめずらしくなくなりましたが、オンラインであることになんとなく苦手意識を持っている美容師もまだまだいるのではないでしょうか?

新型コロナウイルスが収束したらオンラインセミナーは廃れる?
本当に?
テレワークを継続することを選択した一般企業が増えているのと同様に、オンラインセミナーは廃れるどころか一般的になる未来が見えています。
今は最先端過ぎて導入できないと言い訳できても、気づいたら乗り遅れていたなどということになりかねません。

「オンライン形式の美容師セミナーはちょっと……」などと敬遠せず、一度でいいので経験してみてください。


STEP BONE CUTというカット技術は効率的かつ最先端で特許を取得している

STEP BONE CUTのセミナーは、Zoomを使用してオンライン形式で開催しています。
ゆえに、効率的かつ最先端。
けれども、それだけで効率的で最先端だと申し上げているわけではありません。
STEP BONE CUTというカット技術が効率的かつ最先端なのです。

STEP BONE CUTは従来のカット技術とまったく異なるカット技術です。
そう自称しているだけではなく、特許技術として認められたカット技術でもあります。

梳かない。
削がない。
それでもボリューム調節が可能で、梳くことも削ぐこともしないので、細かい髪の毛が出ません。
細かい髪の毛を流すためにシャンプーする必要がなく、シャンプーやドライヤーに要する時間と光熱費と消耗品代を節約できて効率的です。
梳いてボリューム調整するとなるとそれだけで時間を消費しますが梳くことなくボリューム調整可能であるため、カット時間そのものも短縮できます。

なお、STEP BONE CUTは梳かない・削がないから特許を取得したのではありません。
小顔補正立体カットとして特許を取得しました。
従来のカット方法では意に介していなかった骨格を重視し、後天的な要素に左右されない骨格という先天的な物に合わせてカットします。
日本人に多い通称『絶壁』こと後頭部が平たい骨格であれば、後頭部に丸みとボリュームが出るようにカット。
すると、生まれつきそういう骨格だったかのような髪型に、自然とその人に似合って小顔に見える髪型に仕上がります。
小顔に見えるように補正する立体的なカットというわけです。
特許を取得できた、すなわち、国に認められたカット技術であり、最先端のカット技術であると自負しています。

効率的な美容師セミナーや最先端技術について学べる美容師セミナーは他にもあるかもしれません。
が、特許を取得したカット技術に触れられる美容師セミナーはそうはないのではないでしょうか。


まとめ

効率的で最先端な美容師セミナーは他にもあるが特許技術を用いるのはSTEP BONE CUT

美容師セミナーには種類があり、技術セミナーや経営セミナー等に分類されますが、同じ技術セミナーでも効率が良いものがあったり逆に悪いものがあったりと傾向はさまざまです。
どうせ参加するなら効率的で最先端なセミナーが良いですよね。
数ある美容師セミナーの中でも、移動時間も交通費もかからないオンラインセミナーは効率的ですし、Zoomを使うなどしてオンラインに対応しているセミナーは最先端だと言えます。

STEP BONE CUTのセミナーもZoomを使ったオンライン形式なのですが、それだけで効率的で最先端だと言っているわけではありません。
梳くことも削ぐこともしないでボリューム調整が可能なSTEP BONE CUTは、梳いたり削いだりするとどうしても出てしまう細かい髪の毛が出ないので、シャンプーやドライヤーを省略できます。
施術に要する時間が短くて済むという効率の良さ、生産性の高さがあるのです。
水道や電気を節約できるエコさは最先端でもあります。
しかも、STEP BONE CUTは特許を取得しているカット技術です。