COLUMN

美容師セミナー-ママの復帰・豊かな美容師・ブランクがあっても大丈夫-

美容師セミナーは、ママの復帰などブランクがある人でも美容師として復帰できるようにサポートすることを目的として開催されることがあります。
STEP BONE CUTはママの復帰を応援するセミナーを開いているわけではないのですが、ブランクがあっても大丈夫だと背中を押すお手伝い、ブランクの有無にかかわらず豊かな美容師になるお手伝いができます。


現役美容師よりも休眠美容師・ブランクのある美容師のほうが多くて人手不足

美容師セミナーの多くは現役美容師もしくはオーナーや経営者向けに開催されています。
カットなど技術の向上及び伝達を目的に開催される技術セミナー。
リピーターの獲得方法など経営に関する知識を増やすことを目的とした経営セミナー。
新しい薬剤や機材の販促及び使い方を説明することを目的に企業が開催する企業セミナーもありますね。

それと、数はそう多くないのですが、ブランクのある美容師向けに開催されているセミナーもあります。

今の日本にはコンビニよりも多くのヘアサロンがあります。
じゃあ美容師が余っているのかというと、むしろ、足りていません。
慢性的なスタッフ不足だと言われているほどです。

新型コロナウイルスが猛威を振るったことを機に、休眠看護師が注目されました。
美容師も、休眠イコール現在は働いていない人がいます。
休眠美容師は現役美容師のなんと1.5倍はいると考えられています。

休眠美容師の何割かは、妊娠出産をきっかけに現役を退いた人達です。
もしも、そういうママ達の復帰を後押しできたら?
スタッフ不足に悩むオーナーや経営者にとっては救いの手ではないでしょうか。

しかし、具体的にどうやって後押しするのかという問題が生じます。
ブランクのある美容師向けに開催されているセミナーに招待する?
乳児や幼児を連れているママさんを?
託児所を設ければ可能かもしれませんが……コロナ禍の今、ベストな策ではなさそうです。

STEP BONE CUTであれば、まったく別の切り口でブランクのある美容師の復帰を後押しできます。


STEP BONE CUTを導入することでスタッフ不足が解消される

先に言ってしまうと、STEP BONE CUTのセミナーこと体感セミナーは、ママの復帰のような、ブランクのある人向けに開催しているわけではありません。
それがなぜブランクのある美容師の復帰に繋がるのか?
ざっくりとした説明になりますが一言で言うとSTEP BONE CUTが生産性の高いカット技術だからです。

STEP BONE CUTは基本的にシャンプーやブローを必要としません。
梳いたり削いだりすることなくボリューム調整できるカット技術なので、細かい髪の毛を流すためにシャンプーする必要がありませんし、シャンプーした髪の毛をドライヤーで乾かす必要もありません
そのぶん、ひとりのお客様に要する時間が短くて済みます。
雑な仕事をするなどもってのほかですがしかし、ひとりのお客様に対して丁寧に丁寧に長い時間をかければいいというものでもありません。
STEP BONE CUTの場合、雑だから短時間で済むのではなく、不要な工程をカットした結果が時間の節約になり、お客様にとっても美容師にとっても貴重な時間を無駄にしないのです。

ブランクのある人の中でもママさんはいきなりフルでの復帰が難しいことがあります。
短時間しか働けないわけです。
ですが、STEP BONE CUTは貴重な時間を無駄にしにくいので、短時間しか働けない美容師でも働きやすくなります。
ということは?
オーナー・経営者がSTEP BONE CUTを導入すれば、そしてSTEP BONE CUTを学んだブランクのある美容師を雇用するようにすれば、スタッフ不足という慢性的な悩みの種を解決に導きます。


STEP BONE CUTは単なる小顔カットではなく生産性が高いカット技術

STEP BONE CUTは特許を取得したカット技術です。
正式には小顔補正立体カットと言い、小顔カットとして紹介することが多いのですが、

*ボリューム調整に長けているカット技術なので、くせ毛やうねりといった髪の悩みにも対応
*骨格という先天的な物に合わせてカットするのでメイクや加齢という後天的な要素に左右されずに似合わせることが可能
*梳いたり削いだりすることがないので細かい髪の毛が出ないため、シャンプーレスとブローレスが叶う
*シャンプーレスとブローレスが叶うぶん、時間の節約になる


このように、お客様のオーダーを叶えやすく、そして、光熱費や消耗品等の固定費を抑えられるというカット技術でもあります。
美容師ひいてはヘアサロンは残念ながら生産性が低いと言われてしまうことがありますが、STEP BONE CUTは生産性が高く、豊かな美容師になることも可能だと言えます。

そんなSTEP BONE CUTの体感セミナーは今現在開催数を増やしています。

【STEP BONE CUT体感セミナー開催日程】
3月22日(火)9:00~12:00
3月24日(木)20:00~23:00
3月28日(月)9:00~12:00
3月29日(火)9:00~12:00
3月30日(水)20:00~23:00
4月1日(金)20:00~23:00
4月4日(月)9:00~12:00
4月5日(火)9:00~12:00
4月7日(木)20:00~23:00

詳細並びにお申し込みはこちらです。


まとめ

STEP BONE CUTの導入はスタッフ不足を解消する経営戦略となりえる

休眠看護師がいるように休眠美容師もいます。
そして、休眠看護師は現役看護師の数を下回っているのに対して、休眠美容師は現役美容師の数を上回っています。
コンビニの数よりも多くのヘアサロンが存在しているのにスタッフは慢性的に不足しているのが現実です。
休眠美容師が復帰すれば、そして、その復帰した美容師を上手いこと獲得できれば、オーナー・経営者の頭を悩ませるスタッフ不足の解消が可能となります。
問題は、どうやって復帰してもらって、どうやって復帰美容師を獲得するか。

数ある美容師セミナーの中で、STEP BONE CUTのセミナーはママ復帰を意識している、ブランクのある美容師向けに情報を発信している、というわけではありません。
しかしながら、生産性の高いSTEP BONE CUTをオーナーなり経営者なりがサロンに導入することで、そうして、STEP BONE CUTを学んで認定スタイリストになった美容師を獲得することで、ブランクのある美容師を獲得できてスタッフ不足が解消する可能性が高まります。

例えば、産休・育休を取っているスタッフや妊娠出産をきっかけに退職した元スタッフにSTEP BONE CUT基礎認定講座を受講してもらい、復帰してもらう。
そういう経営戦略もあるということです。