COLUMN

カットスクールで何をする?認定取得か?基礎技術及び技術力アップか?

カットスクールで認定取得できるとしたら、どうしますか?

カットスクールは本来、基礎技術及び技術力アップするための場所で、何かしらの資格を取得できる場所ではありません。
けれど、カットスクールに通うことでもしも資格を取得できるとしたら、それは美容師にとって大きなプラスとなります。


カットスクールは美容師としてレベルアップする手段のひとつ

美容師は、美容師免許を取得するまでに技術と知識とを身につけます。
さらに、美容師として就職してからもアシスタントと呼ばれる下積み期間があります。
美容師免許を取得するまでに技術と知識とを身につけているとしても接客経験はゼロに等しいため、下積み期間が生じるのはしかたのないことです。

じゃあアシスタントを卒業したらもう学ぶことはないのかというと、店長クラスの美容師であろうとも学ぶことはあります。
基礎技術は磨き続けなければ錆びついてしまいますし、技術力アップし続けなければ売上や客数という数字の低迷に繋がります。
つまり、美容師は美容師であり続ける限りはレベルアップを模索していくことになります。

そのレベルアップの手段のひとつとして、カットスクールが挙げられます。
カット以外にも美容師の仕事はあるものの、やはり出番が多いのはカットですから、何の技術力アップを目指すかと言ったらカットになります。

よって、カットスクールに通うことは無駄でも今更でもないのですが、もう一歩先を行けたら更にプラスになると言えます。
この場合の「もう一歩先」とは、基礎技術を磨くことや技術力アップすることに加えて他にも何かが取得できるという意味です。


美容師にとってプラスに働くのが「STEP BONE CUT基礎認定講座」

例えばの話になりますが、美容師としてではなく一般企業に勤めている一社会人として給与アップや条件の良い転職を目指す場合、何をどうすると思いますか?
給与がアップするような、履歴書に記入できてアピールポイントになるような資格の取得を目指す人が多いはずです。

ところが、美容師は美容師免許自体が誇れることであるにしても、即給与アップに繋がるような資格がそうありません。
簿記の資格を持っているからといって給与はアップしませんし、そもそもビジネス系の資格を取得しても美容師という職業にはあまりプラスになってくれません。
ビジネス系の資格を取得するための勉強に時間を費やすよりも、カットスクールに通って基礎技術を磨いて技術力アップするほうが美容師にとってはプラスに働きます。

ネイリストやアイリストの資格を取得すれば顧客獲得に繋がる可能性はありますがしかし、美容師としてやっていきたいのにネイリストやアイリストの資格を取得する必要があるのかという話になってしまいます。

そういう美容師の現状を打破できるのがSTEP BONE CUT基礎認定講座です。

STEP BONE CUT基礎認定講座は平たく言えばオンライン形式のカットスクールです。
従来のカット技術とはまったく異なるカット技術であるSTEP BONE CUTの基礎が学べます。


STEP BONE CUT基礎認定講座は即戦力を増やせる

STEP BONE CUTとは、美容師であり、メイクアップアーティストでもある牛尾早百合が考案したカット技術です。
別名、小顔補正立体カット。
文字通り、小顔に見えるように補正する立体的なカット技術です。

そう言われても、従来のカット技術と何がどう違うのかピンと来ない人もいることでしょう。
STEP BONE CUTの大きな特徴は、その人の骨格に合わせてカットする点です。
いわゆるサスーンカットと呼ばれる従来のカット方法では髪の毛同士の繋がりを重視していますから、骨格を重視していません。
骨格に合わせ、そして立体感を出すことで、自然と小顔になる。
STEP BONE CUTはそういうカット技術なのだと思ってください。

STEP BONE CUT基礎認定講座でSTEP BONE CUTの基礎を学ぶことは、従来のカット技術を捨てるということではありません。
従来のカット方法を使用するメニューも、STEP BONE CUTを使用するメニューも提案できるということ。
戦力が増えるということです。


提案してみて従来のカット方法を使用するメニューが選ばれたとしても今まで通りで何ら打撃を受けないことに加え、STEP BONE CUTを使用しているメニューを提案してそれをお客様が気に入ってくれれば客単価アップになるという強みが生じます。


まとめ

オンラインでできることを積極的に取り入れるべき、コロナ禍の今

カットスクールはコロナ禍の今オンライン形式が増えています。
STEP BONE CUT基礎認定講座もオンライン形式です。
いまだに終息の気配を見せない新型コロナウイルスのことを鑑みれば、オフライン形式のカットスクールにこだわるのではなくオンラインでできることを積極的に取り入れるべきです。

正直な話、オンライン形式のカットスクールは他にもあります。
けれど、基礎技術を磨いて技術力アップできるのみならず、特許を取得しているカット技術まで学べるオンラインスクールは他にありません。

いきなりカットスクールに申し込むのはハードルが高いと感じるのであれば、STEP BONE CUT体感セミナーから申し込んでみてはいかがでしょうか。
STEP BONE CUTの考案創始者にして、東京に店舗を構えるSTEP BONE CUT TOKYO並びに神戸を中心に展開しているTICK-TOCKグループの経営者である現役美容師・牛尾早百合が自ら講師になっているセミナーですから、STEP BONE CUTの入口としてこれ以上はないというセミナーです。

ですが、体感セミナーに申し込んだら認定取得しなければならないなどということにはなりませんので、そこは安心して、ある意味で気楽に申し込んでみてください。