体感セミナーから目指す認定スタリスト

西洋人のような立体的な骨格を作り、身長を高く、小顔に見せる新たなカット技術として、注目を集めているのがステップボーンカットです。そんなカット技術を身につける為には、どうすれば良いのでしょうか。

カット講習で認定資格を取得

ステップボーンカットとはブロックごとにフォルムを作り上げていくカット技法で、日本小顔補正立体カット協会の運営するカットスクールSBCアカデミーの認定資格です。日本人に多い絶壁の後頭部にボリュームを持たせてサイドはタイトにするなど、ヘアカットの技術だけで東洋人の骨格を西洋人に似せた立体的な頭がい骨と小顔に見せることで、頭の形や顔の輪郭に悩む顧客に似合うヘアスタイルを増やします。
カットラインが崩れにくく手入れが簡単なため顧客にとってもスタイリングしやすいカット技術です。
ステップボーンカットアカデミーでは人材育成に力を入れており、美容師のキャリアアップのため基礎コースとテクニックコース及びマスターコースと講師認定コースの4段階のカット講習を開催して技術レッスンや理論を広め、次世代のスタイリストを養成しています。

いきなりSBCアカデミーが実施しているカット講習を受講するのではなく、まずは体感セミナーでステップボーンカットについて、より詳細に学ぶ事から始めましょう。そこから、認定スタイリストを目指す事をオススメします。