セミナーレポート
【出産後の脱毛】

写真

出産後の脱毛

このメールマガジンを読んでいるのは殆どが美容師さんだと思いますが、ちゃんと説明することは難しいと感じたことと、私の経験上悩んでいるお客様も多いので解説しましょう。

 美容室では老若男女お客様は多岐に渡りますが、多いのは女性客です。
その1/3位は若い方だと思います。出産、特に最初の出産は不安が付き物で、髪に対する心配事も多くあります。中でも多いのが、

“赤ちゃん産んだら髪が抜けるって聞いたのですが”

美容師なら一度は聞いたことがあるフレーズですよね。
皆さん知っての通り真実です。
さぁ何と答えましょうか?
まともに、「そうですよ!」は無いです。
「大丈夫ですよ」はまだいいでしょう。
付け加えて、「すぐ生えてきますよ」は如何でしょうか。

私たち美容師は髪の専門家です。
お客様の質問、疑問に医者同様に答える義務があると思います。
ここではなぜ出産後に多く髪が抜けるのかを考えてみましょう。

最近では女性でも脱毛症の方がいらっしゃいますが、時期を改め解説します。

一般的に男性と比べ女性の方が髪は豊かですね。
壮年期ともなれば、男女差は如実に感じられます。

それは、髪が女性ホルモンの支配下にあるからです。
女性ホルモンには数種類ありますが、ここで問題になるのは女性の性周期を司る
エストロゲンとプロゲステロンです。
この二つのホルモンの分泌が上がったり下がったりしながら、排卵をコントロールしているのですが、一旦妊娠すると二種共に上昇したまま維持されます。
妊娠期以外の正常な分泌の上下において、髪のサイクルは通常通り、成長期〜休止期〜脱毛期と進み、人間では80%が成長期にあります。
しかし妊娠期では、髪の成長をコントロールするエストロゲンが多く分泌されているために、通常脱毛期で抜けるはずの20%の髪が抜けずに維持されます。

出産と共に女性ホルモンの分泌は下がり、抜けずに維持された脱毛期の髪が抜け始め、抜け毛が多く感じます。
更に、女性ホルモンはメンタルの恒常性にも関係しており、特に初産時子育てのストレスによりバランスが崩れ、授乳、夜泣きなどによる不眠、環境の変化がホルモンバランスの恒常性に影響を及ぼすことにより、髪のサイクルが崩れ更なる抜け毛を生みます。

 以上のことから分かる通り、ホルモンバランスが元に戻り、子育てストレスから解放されることにより、髪の恒常性が確立されれば、抜け毛は収まり、以前の髪のサイクルが戻ります。
しかしながら、その期間には個人差があり、全く感じないお母さんから、本当に薄毛になってしまう方まで多岐に渡ります。
私たち髪の専門家である美容師にできることは、お客様に説明による安心感を与えることと、正常になるまでのデザインを含めた髪の管理にあると思います。
その不安な脱毛期を乗り切った後、お客様から美容師が勝ち取る信頼感は絶大です。

そのためにも、日々のケアの方法と上記の説明を普段からできるようにすることは必至ですよね。
抜け毛の多い時でも地肌の恒常性を保つ効果の高いSBCP、 その理由を店販セミナーで解説いたします。

セミナーで皆様との活発な質疑応答を楽しみにしています。

STEP BONE CUT 顧問医学博士 Dr Yuri

●●●●●●●●●●●●
初めての方へ 
スケジュールは こちら
http://sbc-a.jp/semi/
 
●●●●●●●●●●●●
コース 会員限定セミナー 
スケジュールは こちら
http://sbc-a.jp/courselist/.jp/semi/">http://sbc-a.jp/semi/
 
●●●●●●●●●●●●
公式サイト
STEP BONE CUT ACADEMY
http://sbc-a.jp/
一般社団法人日本小顔補正立体カット協会
http://lfca-japan.com/
STEP BONE CUT 一般サイト
https://www.stepbonecut.jp/
SBCP
https://www.sbcp.jp/
 

●●●●●●●●●●●●
一般社団法人
日本小顔補正立体カット協会
事務局



特許証

STEP BONE CUT ©は 顧問医学博士 によるエビデンス取得・研究を行っています。

資料請求